FC2ブログ

地域包括ケア推進リーダー育成研修会に参加しました

こんばんは

白山です。

今日はいい天気でしたが、夕方から雪が降ってきました。
朝から夕方までみっちり研修会に参加してきました。
研修内容は、平成29年4月1日から始まる介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)の説明などであり、150名を越える参加者でした。
当院からは、運営スタッフの丸居理学療法士と3名のリハスタッフが参加しました。

先進地区である大分県杵築市の保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の講演や金沢市の総合事業についての説明、グループワーク「体験自立支援型ケアマネージメント」「自分たちの地域でどう自立支援型ケアマネジメント会議を開催するかを考える」を行いました。

杵築市では、自立支援に資する介護予防の取り組みによって、要介護認定率が大きく減少しています。リハ専門職が地域ケア会議に参加する中で、その方が自立していけるようなケアマネジメントの助言を行っており、本人、家族、関わるスタッフ全体で自立支援の意識をもって、生活目標を設定し、実現に向けて取り組んでいます。
現状維持で満足したり、なんでもサービスを利用すればいいという考え方ではありません。
利用者、サービス事業所の自立支援に向けた意識と実行できる知識・技術が必要と思いました。

金沢市における総合事業では、私たちリハビリ専門職は、介護予防支援会議に参加することが決まっており、短期集中型サービスを利用する方を対象に、利用者本人が目指す生活の実現を踏まえ定期的に行われる会議で助言することになっています。自立支援という意識をもって、他職種にわかりやすく、生活目標(自立支援)を達成できるような助言をできるように取り組んでいきたいです。
今日の研修会は、介護保険サービスの利用を当たり前のように考えていた自分にとって、いろいろ大切なことを思い出させてくれました。

20170218204746ee0.jpg

20170218204741e03.jpg

20170218204745686.jpg


スポンサーサイト