FC2ブログ

第23回 石川NST研究会

白山です。

石川NST研究会に参加しました。
席や抄録が足りないくらい参加者が多かったです。

当院の言語聴覚士 木村さんが「繰り返す誤嚥性肺炎症例に対する3食経口摂取への試み」で発表されました。
2症例に対して、完全側臥位法での経口摂取導入とNST介入による栄養管理から、3食経口摂取獲得に繋がった内容でした。

完全側臥位法に対する質問が多く、興味ある新しい内容だったようです。
いろいろ質問がありましたが、落ち着いて発言されていました。
私がドキドキし、写真を撮ることを忘れてしまいました。
次回から忘れないようにします❗
スポンサーサイト

「がん性疼痛の基礎と応用」「がんと緩和ケア」

白山です。


今日は、「がん」に関連した研修会に昼、夜と参加しました。

当院の昼休みを利用した研修会では、がん専門薬剤師と緩和薬物療法認定薬剤師の資格を有する先生をお招きして、がん性疼痛について学びました。
疼痛治療の目標を設定し、最終目標である痛みの消失が維持され、平常な生活に近づくように段階的な目標を達成していきます。そのためには、疼痛アセスメントや薬(非オピオイド鎮痛薬の開始、オピオイド投与設計)についての知識が重要になってきます。いろいろな事例を提示され、それぞれの治療があり、わかりやすかったです。

夜は、りくつなケアネット金澤で企画された「がんと緩和ケア」~療養場所の選択と地域連携~に参加しました。
緩和ケア概論について講義を聞き、その後、がんの患者様が自宅で療養生活を行うためには、という内容でグループワークを行いました。異なる職種から、いろいろな意見が出ており、連携の重要性を感じました。

当院では、がんのリハビリテーションを実践しています。リハビリテーションの知識だけではなく、多職種と連携しながら全人的に患者様をみていくことが大切だと再確認しました。

2016012623243820c.jpg


拘縮予防とポジショニング

越仲です。
石川県作業療法士会社会福祉部主催〈拘縮予防とポジショニング〉の研修会に参加してきました。
緊張しつつ、会場に入ると…澤本さん!

西病院から澤本さんがスタッフとして働かれており、ほっとしましした。お疲れ様です(*^^*)



会場は、金沢駅前の金沢福祉用具情報プラザ。たくさんの福祉用具が並んでおり、実技も実際にベッド、クッションをお借りして行うことができました。他の病院、施設の先輩方とグループになり、相談しつつ、最適なポジショニング、起居動作の介助法の確認ができ新鮮でした!

ポジショニングでは、体を安定させ姿勢を保持することに加え、動きを促進し、能力や可能性を引き出すことを支持することが大切とだと学びました。

セラピストは、解剖学、運動学、力学等の視点から、患者様がより良い姿勢を保てるように、ベッドの角度、身体の位置、クッションの当て方を工夫しポジショニングを行います。
しかし、人出が足りない、他職種との連携は難しい、など、本当はこうしたいという思いが十分に発揮できないことも…
これに対して、講師の先生の、
「全然諦める必要ないです。何回でも何回でもやればいい、伝えればいい。患者さんのため果敢に取り組んでいくべきです。」
という言葉が印象的でした。

朝触診

越仲です。
今朝は触診の勉強会でした!
今回は僧帽筋です。
最近は、PT室にいる骨模型の彼にお世話になっています。

医美同源シンポジウムに参加して

こんばんは!前畑です。
本格的に雪も降り出し寒くなってきましたね!
こんな日は絶好の学び日より!!
そこで今日は当院の菊地誠名誉理事長が設立された「菊地誠22世紀医美支援事業団」による医美同源シンポジウム「病院のくらしをデザインする」に参加してきました。


シンポジウムでは当院の菊地勤理事長、金沢美術工芸大学の荒井利春名誉教授をはじめとする方々のお話を聞くことが出来ました。
医療と美術というのはそれぞれが確立された分野のため、あまり結びつかないと思っていました。ですが人の暮らしを豊かにするという共通点があったんです!深い!!
病院というのは非日常的な環境であり、患者様やご家族の中には不安や緊張を感じてしまう方がいるかもしれません。その不安を安心に変えるためには少しでも居ごこちのいい環境になる必要があり、そこには美術の持つ力が大きく関わってきます。まさに医療と美術の融合です!!
今回の研修を通して作業療法士として出来ることを考えた時、自助具などで機能性だけではなく、患者様が使いたくなるようなデザインにすることも大切だと感じました。

触診勉強会

こんばんは!山本です。
新年明けてもう半月が経とうとしています。雪も降り始めて冬らしくなってきましたね。みなさん風邪など引いていないでしょうか?

今日の朝は触診の勉強会。テーマは「上腕骨」でした。
始めて骨模型を見ながらの勉強会でしたが、やはり3Dで構造を確認できると理解しやすいですね(^^)

骨模型と手を取り合って満面の笑みの越仲さん。笑
和やかな雰囲気で勉強できること、本当に幸せな環境だなと感じます。

平成28年1月1日

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


白山です。

当院では、365日リハビリテーションを実施しております。
今日は、作業療法士4名、理学療法士3名、言語聴覚士1名が出勤しました。

空は青く、冬を感じさせない、清々しい朝でした。

20160101132317c8c.jpg

患者様に、日めくりカレンダーの「平成28年」を書いていただきました。

20160101132315dc7.jpg

昼食をおいしく頂きました。

今年は、診療報酬改定や当院では、病院機能評価受審があります。
みんなで力をあわせて頑張ります❗
201601011335264f1.jpg