第15回 加賀脳卒中地域連絡協議会総会

こんばんは!作業療法士の山本です。

本日、地場産業振興センターにおいて、第15回加賀脳卒中地域連絡協議会総会が行われました。

同一症例の急性期~回復期~生活期の経過を、各施設が発表するという内容でした。
今回は、当院回復期に入院されていた患者様の症例検討で、
当院での経過について、菊地理事長および作業療法士の越仲さんが発表されました。

01be63bceeae6dbbda8c532bcfc6a9322b330b353d.jpg

013555f79d71b82e3502cecfdc59b4225d5f8ebb76 (1)


今回特に印象的だったのが、当症例の生活期の場である特別養護老人ホーム「礎」の方のお言葉でした。
「回復期から入所された方で、入所後に日常生活動作の介助量は増えていく方が多いか?減っていく方が多いか?」
という質問に対し、
「ほとんどの方が、介助量の軽減がみられる」
とのお言葉でした。
実際に今回の症例の方にしても、当院ではトイレ動作を介助の下でも困難だった症例が、入所してしばらく経った頃には一人介助のもと可能となっていました。

もちろん利用者様の意欲等にも左右されるとの補足もされておられましたが、礎さんでは、各々の利用者様に対する介助方法の統一や、その方のキャラクター等の踏まえた関わり方までスタッフ間で共有されているとのことでした。

「退院後はリハビリの回数も減るし、回復もそこで止まるのではないか」
というイメージは、恥ずかしながら私も抱いていましたし、そのようなイメージをお持ちの方も多いのではないかと思います。


ですが適切な情報提供、そして生活期の場の過ごし方によって、患者様は心身共にいつまでも回復していく、ということを知ることができました。

貴重な発表を聴くことができ本当によかったです。



そして何より、作業療法士の越仲さんの立派な発表。。。!
常日頃から患者様に真摯に向き合っているんだなということが、発表を通じて伝わってきました。

後輩の頑張りに触発され、私も含めリハスタッフ一同今後も精進していきたいと思います。


0134eef858569094411eecbd36f7cc5629e30943be.jpg

↑越仲さん、菊地理事長、礎スタッフの方々

スポンサーサイト

研修会を行いました

こんばんは。
白山です。
週末の金沢は暖かく春を感じた2日間でした。

日本ボバース研究会 北陸ブロック研修会を土曜日、日曜日と行いました。
リハビリテーション天草病院の古澤理学療法士をお招きしました。
大きな身体で、明るく、丁寧な先生で、実技中心にご教授いただきました。
受講生同士で、いい反応を引き出せるように練習をする中で、たくさんのことを学ぶことができました。
時間の経過がとても早く感じる充実した2日間でした。

明日からのリハビリ業務に活かしていきます

20180304202924464.jpg

2018030420292618f.jpg

20180304202927f3f.jpg

20180304202927b30.jpg

20180304202929ca4.jpg

認知症アップデート研修に参加しました

こんばんは。

白山です。
今日も寒い1日でした。
朝から作業療法士の山本さんと研修会に参加しました。

今、社会問題となっている、超高齢化社会における認知症者の増加に対して、専門職として、意識の統一とレベルアップのための研修会でした。
全国の作業療法士会で統一した内容を都道府県レベルで行われることが必須となっており、重要な位置づけとなっております。

最新の知識・治療、家族への支援など多くのことを学ぶいい機会であったと同時に、院内、地域において、自分たちが何をしていくべきか、考える機会でもあったと思います。

認知症の方が生活しやすい、院内、地域になるように、学んだ知識を活かして、関わっていきたいと思います。

2017121621534413a.jpg

20171216215346c5e.jpg

加賀脳卒中地域連携協議会

こんばんは。

加賀脳卒中地域連携パスの運用紹介として、作業療法士の松本さんが発表しました。

急性期、回復期、維持期での発表があり、当院は、回復期での発表でした。

連携パスの運用方法や課題など、多くのことを学べました。

201705192046083af.jpg

20170519204609f4c.jpg

2017051920460744f.jpg

りくつなケアネット金澤 ペクチャー会

こんばんは。

白山です。
あたたかくなってきましたね。
今年度、1回目のペクチャー会、顔の見える多職種意見交換会が行われました。

今回のテーマは、「もし将来、私が認知症になるなら…」です。

自分が認知症になったら、どうしたいか、家族にどうしてほしいかなど、みっちり意見交換しました。

認知症は身近な病気ですが、自分がなるとは、思っていません。
自分の立場で考えると、信頼できる医療機関や施設を決めておきたい、身辺整理をしておく、家族に認知症について知識をつけてほしいなど、たくさんの意見が出て勉強になりました。

これからも、地域の多職種との関わりを大切にしながら、地域のために頑張っていきます。

2017050923081432e.jpg
20170509230816980.jpg