FC2ブログ

地域包括ケア病棟研修会

こんばんは。
金沢市は、夕方から急に大雨となりました。

石川県医師会館で行われた、地域包括ケア病棟研修会ー地域包括ケア病棟の役割と課題ーに参加しました。

当院から医療ソーシャルワーカーの鵜野さんが、
「金沢西病院が担う地域包括ケア病床の役割について」お話しされました。

リハスタッフも勉強と応援に参加しました。
学ぶことが多くあっという間の2時間でした。
これからの業務に活かしていきたいです。

20190326204347a76.jpg

20190326204348cc8.jpg




スポンサーサイト



石川県かかりつけ医等認知症対応力向上研修 2回目

先月に引き続き、2回目の認知症対応力向上研修が行われました。
今回は、先月の事例検討の続きを他職種が混ざって、グループワークを行いました。
事例は、環境の調整と栄養への関わりで大きく改善しました。
環境の調整は、食事が進むよう他者と摂れるように、自宅での孤食から、デイサービスでの食事への変更。
栄養は、ただ栄養を増やすのではなく、精神の安定には、栄養が重要という考えで、神経伝達物質の材料としてのたんぱく質やビタミン、微量元素を用いたアプローチを行っていました。

医師がどのように考え治療しているか説明頂き大変勉強になりました。

他職種との連携、顔の見える連携は、大切ですね。
当院の院長、副院長、看護部長も参加していました。

2018121123071736c.jpg

201812112307186fc.jpg

20181211230721fb7.jpg

研修会に参加しました

「市町事業に関わるリハビリテーション専門職の育成研修」に参加しました。

地域でリハビリ専門職として、知っておくべき知識や、どのように関わっていくかなど、多くのことを学びました。
特に地域包括ケアシステムについては、わかりやすく講義していただきました。
会場は100名を越えるセラピストで、質疑応答も活発に行われました。
当院からも数名のスタッフが参加しました。
地域の病院として重要な研修会でした。

20181211221721335.jpg

石川県かかりつけ医等認知症対応力向上研修

こんばんは。
少しずつ寒さを感じるようになってきました。

当院で研修会が行われ、リハビリスタッフは、5名が参加しました。

まず、はじめに「認知機能と分子栄養療法」という講義を受けました。
神経伝達物質は、栄養から作られており、それらが不足すると、それぞれ症状として現れます。
具体的な話であり、大変興味深く勉強になりました。
自分の食生活も少し見直さないといけないと感じました。

そのあと、事例検討で、職種ごとに分かれグループディスカッション、発表を行いました。
専門職によって、視点の違いを感じ、それぞれ大切なことを発表されていました。

学ぶことの多い研修会でした。

20181113235358a46.jpg


リハ栄養フォーラムで講師をさせていただきました。

こんばんは。

言語聴覚士の上野です。
8月5日に
リハ栄養フォーラム2018in福岡に講師として参加させて頂きました。
当日は、400人を超える参加があり盛況でした。
今回、参加させていただき講師をやる難しさを肌で感じることができ、また同じ講師の皆さんのプレゼン力に感動し、自分の大きな糧となりました。
ありがとうございました。

2018081722232988a.jpg