加賀脳卒中地域連携協議会総会

こんばんは!山本です。
今日は第11回 加賀脳卒中地域連携協議会総会に参加してきました!

症例検討では、1症例の急性期から生活期にかけての経過を、各施設が報告するという形式でした。
症例検討では僕の先輩の横川作業療法士が症例の回復期での経過報告をされていました。

僕も何度か関わらせていただいたことのある症例だったので、各時期での症例の変化を具体的に知ることができてよかったです。
横川さん、発表お疲れ様でした!✨
スポンサーサイト

ユニフォームが新しくなりました。

こんばんは。
今日も暑い一日でした。

白山です。

今日から、ユニフォームが新しくなり、リハビリテーションセンターが華やかになりました。

看護部も今日から新しくなり、異なったデザインが、病院全体を新鮮な感じにしています。(回復期病棟ブログをご覧ください)

新しい気持ちで頑張ります。

2016080118361048b.jpg


20160801183611968.jpg


2016080118361240c.jpg


20160801183614ddf.jpg

スプリント教室①

こんばんは!越仲です。
今日は、山本先生を中心にハンドスプリント作成の練習を行いました!
スプリント(装具)は、患部の固定、保護、変形予防や矯正を目的として、セラピストが患者様の身体に合わせて作成します。

第1回は、カックアップスプリントを作りました。
これは主に、橈骨神経麻痺などによって、たらん、と手が垂れてしまう〈下垂手〉に対して適用となります。手関節が良い肢位で固定できるように支えてあげるんですね(*^^*)

温めると柔らかくなる、特殊な素材を使って、実際に患者さんの手にしっかりと合わせて作ります。

手は平らじゃなくて、アーチなんですね・・・しっかり沿わせて・・・


完成!山本さんに作ってもらった装具です!\( ˆoˆ )/

ポイントは、ぴったり手の形状に合っていて痛くなく、手関節はしっかり固定され、なおかつ手指は動かしやすいこと。いやはや、綺麗に作ってもらった装具は、ずっと着けていたくなる!もしかしたら明日、ついつい装着してしまってるかもしれません。(特に意味はありません。)

実際に作ってみると、作成の正確さ、すばやさ、丁寧さ、患者様とのコミュニケーション・・・いろんな要素の難しさ、大切さを再確認しました!次回も楽しみです(^○^)

健康教室へ参加しました。

こんばんは。

白山です。

金沢市示野町の健康教室で、認知症についてお話させて頂きました。
元気な高齢な方、20名ほど参加され、お話と脳トレを用いたレクリエーション、体操、嚥下体操を楽しく行いました。
皆さんの反応のはやさに驚きながら、いつまでも元気で笑顔で生活して頂きたいと思いました。
あっという間の1時間でした。

2016071222212531b.jpg

デザイナーの方との交流

こんばんは!山本です。

今日はとあるデザイナーの方と意見交換会がありました!

以前当院を中心に開催された医美同源コンペティションで、大賞作品「目の見えない方も美しく食べられるカトラリー」を考案された鈴木さんという方です。

シンプルな中にも機能性を兼ね揃え、利用者の目線で考案されているデザインには感心させられっぱなしです。

今僕は臨床の立場からこのカトラリーのデザインや機能性を検討検証させてもらっています。
今日はそれらの結果を踏まえ、今後のことや新たな取り組みについて話し合いました。

OTとして、デザイナーとして、もちろん持っている専門性は違うとは思いますが、
クライエントの「快適な生活」を支援するという目標は共通しているように思います。
今後もこのような縁を大切にしながら、自分の視野を広げていけたらと思います!