FC2ブログ

石川県かかりつけ医等認知症対応力向上研修 2回目

先月に引き続き、2回目の認知症対応力向上研修が行われました。
今回は、先月の事例検討の続きを他職種が混ざって、グループワークを行いました。
事例は、環境の調整と栄養への関わりで大きく改善しました。
環境の調整は、食事が進むよう他者と摂れるように、自宅での孤食から、デイサービスでの食事への変更。
栄養は、ただ栄養を増やすのではなく、精神の安定には、栄養が重要という考えで、神経伝達物質の材料としてのたんぱく質やビタミン、微量元素を用いたアプローチを行っていました。

医師がどのように考え治療しているか説明頂き大変勉強になりました。

他職種との連携、顔の見える連携は、大切ですね。
当院の院長、副院長、看護部長も参加していました。

2018121123071736c.jpg

201812112307186fc.jpg

20181211230721fb7.jpg
スポンサーサイト

研修会に参加しました

「市町事業に関わるリハビリテーション専門職の育成研修」に参加しました。

地域でリハビリ専門職として、知っておくべき知識や、どのように関わっていくかなど、多くのことを学びました。
特に地域包括ケアシステムについては、わかりやすく講義していただきました。
会場は100名を越えるセラピストで、質疑応答も活発に行われました。
当院からも数名のスタッフが参加しました。
地域の病院として重要な研修会でした。

20181211221721335.jpg

石川県かかりつけ医等認知症対応力向上研修

こんばんは。
少しずつ寒さを感じるようになってきました。

当院で研修会が行われ、リハビリスタッフは、5名が参加しました。

まず、はじめに「認知機能と分子栄養療法」という講義を受けました。
神経伝達物質は、栄養から作られており、それらが不足すると、それぞれ症状として現れます。
具体的な話であり、大変興味深く勉強になりました。
自分の食生活も少し見直さないといけないと感じました。

そのあと、事例検討で、職種ごとに分かれグループディスカッション、発表を行いました。
専門職によって、視点の違いを感じ、それぞれ大切なことを発表されていました。

学ぶことの多い研修会でした。

20181113235358a46.jpg


認知機能向上教室 7回目です。

こんばんは。
朝晩、少し寒くなってきましたね。
昼間は、よい天気でした。

7回目の教室に参加しました。
運動に加えて頭を使った言葉も入り、徐々に難しくなっていく課題ですが、メンバーは、明るく楽しく行っています。
今日が1番笑い声やかけ声があったと思います。
回数を重ねる中で、それぞれの人柄がわかったり、仲良くなっているように感じます。
運動機能も大きく改善されている方もいて、大切な活動だと感じました。

2018102521402315e.jpg

2018102521402482d.jpg

20181025214025523.jpg

認知症対応力向上訓練・物忘れ検査を行いました

こんにちは。
今日の金沢は、晴れた暖かい1日でした。

戸板地区の文化祭に、りくつなケアネットのメンバーとして参加しました。
街で見かけた認知症の方への声のかけ方模擬体験と物忘れ検査コーナーを行いました。
地域の方々に少しでもよい経験になればと思い、取り組んでおり、今年で3回目になります。

地域の活動に参加できる幸せを感じながら、自分自身も多くの事を学ぶことができた1日でした。

となりで健康教室が当院スタッフで運営されていました。多くの方が立ち寄っていました。詳しくは、看護部ブログに書かれています。

20181021172109fdf.jpg

20181021172111189.jpg

20181021172114101.jpg

201810211721131b1.jpg